新着情報
※このサイトは、文字サイズ「小」でご覧になると見やすくなります







『第35回ダブルトーナメント』

<土曜大会>
本戦優勝:防弾少年団(杉並区)
敗者復活優勝:㈱明治関東 野球部(江東区)
<日曜大会>
本戦優勝:BABY CRAYONS(柏市)
敗者復活優勝:SD Twins(品川区)

~皆さん、初優勝おめでとうございます!!~

 参加各チームの選手、監督、ご家族、関係者の皆様、ならびに審判員、球場関係者、大会関係者の皆様、温かいご支援、ご協力に厚く御礼申し上げます。

土曜大会  日曜大会 土曜大会  日曜大会




【 第35回ダブルトーナメント試合速報 2022年11月20日号 】
<11月20日(日) 本戦3回戦> 1 2 3 4 5 6 7
BABYCRAYONS(柏市) 0 0 0 0 3 0 1 4
 MAL(港区)  0 0  0  4   0  0 0   4
MALは4回2つの相手エラーと四球で1死満塁とすると7番吉川のライト前ポテンヒットで先制。その後も四死球、タイムリーヒット等で3点を奪い4-0とする。反撃したいBABYCRAYONSは5回、1死から9番八尾のタイムリー三塁打で1点を返すと、続く1番榎本のセンターオーバーのホームランで4-3と1点差に詰め寄る。その後両チーム得点なく最終回BABYCRAYONSは相手エラー等で1死3塁とするとまたもや9番八尾が値千金のレフト前タイムリーヒットを放ち4-4の同点に追いつく。その裏MALも2死1塁のチャンスを作るも攻めきれず試合は4-4の同点で終了。大会規定による抽選の結果BABYCRAYONSが勝ち上がり準決勝に駒を進めた。
○BABYCRAYONS・角野(元)主将
「今日はエラーから点を取られる悪い流れでしたが勝つことが出来てホッとしています。攻撃ではチャンスでなかなか点がとれず焦りましたが、チーム一丸となりピンチを乗り切れたにことが勝利に繋がりました。ここまで来たら頂点目指します!」
●MAL・佐藤部長
「今日はチーム全員が投打に頑張ってくれて、エンジョイ野球を合言葉にとても良い試合が出来ました。序盤ペースを上手く握っていたのですが逃げ切れませんでしたね。結果抽選で負けたのは悔しいですが、とても楽しい試合が出来て満足です」




チームの活動スタイルに合わせて選べる関東草野球連盟主催の『草野球三大大会』



主催 関東草野球連盟

本サイトに含まれるすべての情報及び画像等の著作権、その他一切の権利は、関東草野球連盟及び関東草野球リーグに帰属します。
本サイトの一部または全部について、いかなる方法においても無断で複製、転載することは禁じられています。
Copyright(C)2002 関東草野球連盟 & エンジョイカップ. All Rights Reserved.